スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

生徒自殺後すぐ原因調査を 対応マニュアル、小中高に配布 文科省(産経新聞)

 文部科学省の専門家会議は8日までに、児童生徒が自殺した場合の学校の対応方法を示した初めてのマニュアルを作成した。教職員で対応チームを作ることや、原因究明のため発生直後から背景調査に着手することなどを提案している。

 自殺防止の手引は既にあるが、過去には学校側の対応のまずさから遺族が不信感を募らせた事例も少なくないため、作成した。

 マニュアルは、遺族や保護者、報道の各担当など教職員の役割を平時から決めておく必要性を強調。自殺が起きた場合は、校長やスクールカウンセラーらを加えた会議を随時開くよう促した。

 遺族や学校にとって原因を知ることは重要として、教職員や一部の児童・生徒から聞き取りをすぐに始めることを提案。ただ早い段階で「トラブルはなかった」と決め付けないように求め、「前日に同級生とトラブルがあった」など断片的な情報の取り扱いにも慎重な対応が必要とした。

ホワイトビーチ案断念=普天間移設、徳之島が軸に-政府(時事通信)
事業仕分け 支持率低下で政権浮揚の頼みの綱に(毎日新聞)
<訃報>山内鉄也さん75歳=映画監督・脚本家(毎日新聞)
人工歯根再使用疑惑の医院、感染対策が不十分(読売新聞)
ガマガエル 国内初の飼育下繁殖に成功 井の頭自然文化園(毎日新聞)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。