スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

偽5千円札偽造・行使、風俗店員に有罪判決(読売新聞)

 勤務先のカラーコピー機で偽5000円札を造り、2009年1月、愛知県安城市内のコンビニ店で使ったとして、通貨偽造・同行使罪などに問われた愛知県岡崎市、風俗店従業員嶋脇健悦被告(56)の裁判員裁判の判決が12日、名古屋地裁であった。

 近藤宏子裁判長は「混雑時で、アルバイト店員が客の応対に追われている時を狙って偽造通貨を使ったのは悪質」と述べ、懲役3年、執行猶予5年(求刑・懲役4年)の有罪判決を言い渡した。

 判決後、裁判員経験者の男女計6人と補充裁判員を経験した女性1人が記者会見した。東京都内の大学に通う男子学生(21)は「(評議の際には)裁判官がチョコレートを持ってきてくれるなど話しやすい雰囲気を作ってくれた」と感想を述べた。

酒気帯び運転 容疑で医師逮捕 奈良(産経新聞)
事業仕分け 第2弾 4月と5月の2回に分けて実施(毎日新聞)
70件か、空き巣のコロンビア人逮捕=捜査員の「直感」で尾行-警視庁(時事通信)
日米密約 外務省委が報告書 核持ち込みは「暗黙の合意」(毎日新聞)
岩手の高校、監督教員の携帯鳴り試験やり直し(産経新聞)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。