スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プロテカジンに逆流性食道炎の適応追加―大鵬薬品工業(医療介護CBニュース)

 大鵬薬品工業は3月12日、H2受容体拮抗薬プロテカジン錠5、同10について、逆流性食道炎の効能・効果を取得したと発表した。

 今回の承認は、プラセボと比較したフェーズ3試験の結果に基づく。投与8週後の内視鏡治癒率は、プラセボ投与群の9.7%に対し、プロテカジン投与群で71.0%だった。投与2週後の日中の胸やけ症状の回数変化率は、プラセボ群の▲4.2%に対し、プロテカジン投与群で▲40.0%と、いずれも有意差があった。

 プロテカジンは、2000年1月、▽胃潰瘍▽十二指腸潰瘍▽吻合部潰瘍▽急性胃炎▽慢性胃炎の急性増悪期▽麻酔前投薬―の適応で承認を取得。09年1-12月の売り上げは75億円(薬価ベース)。


【関連記事】
新ルール適用は7成分16品目―来年度薬価改定
タケプロンに効能追加申請―武田薬品
酸関連疾患治療薬の国内フェーズ2試験を開始―武田薬品
パリエットの効能・効果の追加を申請―エーザイ
過活動膀胱治療薬の口腔内崩壊錠を承認申請―杏林製薬など

<火災>老人介護施設で出火 3人が死亡、不明者も 札幌(毎日新聞)
<郵便不正>別の元部下も否定 大阪地裁(毎日新聞)
<公明>民主との連携、選挙後に視野…山口代表(毎日新聞)
佐藤家文書「密約」の効力なし、と有識者委(読売新聞)
スバル富士重役員にトヨタの高田常務役員が就任(レスポンス)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。