スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

基礎収支、20年度に黒字化=民主参院選公約(時事通信)

 民主党は11日夜、党本部で政権公約会議(議長・菅直人首相)を開き、参院選のマニフェスト(政権公約)を決定した。財政健全化に関し、2020年度までに国と地方の基礎的財政収支(プライマリーバランス)を黒字化し、15年度までに赤字幅を10年度の半分以下にするとの目標を掲げた。 

【関連ニュース】
【特集】菅直人内閣閣僚名簿
鳩山首相が漏らしていた「辞意」
〔写真ニュース〕連合の古賀会長が首相を表敬
〔写真ニュース〕高笑いする小沢前幹事長
〔写真特集〕鳩山首相、苦悩の1カ月

ソニー製ブラウン管TV発火の恐れ…337機種(読売新聞)
「歳費ドロボー」と野次相次ぐ 民主・河上氏の辞職了承(産経新聞)
公開領収書に漫画やマッサージ費=荒井戦略相の事務所費(時事通信)
<センター試験>来年1月15、16日に実施(毎日新聞)
裁定事件が最多に=09年度公害紛争処理白書(時事通信)
スポンサーサイト

女児に熱湯の母親、虐待疑い避け個人病院受診(読売新聞)

 大阪府堺市南区の自宅で1歳の長女にシャワーで熱湯をかけ、大やけどを負わせたとして、傷害容疑で逮捕された母親の無職井上夢麻(ゆま)容疑者(23)が「大きな病院だと虐待を疑われると思い、事件直後は個人病院を受診した」などと供述していることがわかった。

 3か所回った個人病院ではいずれも「症状が重く、手に負えない」と言われ、4か所目に受診した総合病院が通報した。

 大阪地検堺支部は1日、井上容疑者を傷害罪で起訴した。

 起訴状によると、井上容疑者は4月9日夜、自宅風呂場で、長女の尻や背中などにシャワーで熱湯をかけ、やけどを負わせた、とされる。井上容疑者は「お尻の汚れを洗う時に泣いたので、カッとして、シャワーのノブを最高温度に回して熱湯をかけた」と供述。給湯システムの性能から湯は60度以上あったとみられ、長女は重傷で約1か月間、入院した。

 捜査関係者の話では、同居の母親(42)が4月10日朝、やけどに気付き、井上容疑者は個人病院3か所に長女を連れて行った。どこも「大きな病院に」と勧め、同13日に個人医院の紹介状で府南部の総合病院を受診、虐待が発覚した。

 井上容疑者は「手がかかり、産後からかわいいと思えなかった」とも供述しているという。

都内や神奈川で被害総額3600万? 窃盗容疑で中国籍の男ら逮捕(産経新聞)
参院選民主予定者「逆風は覚悟している」(読売新聞)
元手100円 銀行強盗したかった… 交番で「銃よこせ」 67歳包丁男逮捕(産経新聞)
民主選対委員長に安住氏内定(時事通信)
ネット選挙解禁法案で紛糾=衆院委、午前は開会できず(時事通信)

日米合意に「辺野古」明記=普天間移設、28日正式発表(時事通信)

 政府は25日、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)移設問題に関する日米の合意文書に、移設先として「名護市辺野古周辺」と明記するとともに、これを踏まえた対処方針を28日に正式発表する方針を固めた。鳩山由紀夫首相に近い政府関係者が明らかにした。
 首相は25日の衆院本会議で、普天間移設について「辺野古周辺にお願いせざるを得ない」と表明した。日米両政府はこれまでの実務者協議で、移設先を辺野古周辺とすることを確認。政府としては「在日米軍の抑止力」を重視し、合意文書に具体的な移設先を盛り込む必要があると判断した。
 政府関係者も同日、「日米の実務者間で決まっているので変えられない」と強調した。
 首相は日米合意を踏まえ、28日に記者会見し、対処方針を自ら説明する考えだ。ただ、社民党の福島瑞穂党首は辺野古移設に反対の考えを明言し、調整が難航している。
 このため、政府関係者は「福島党首が『辺野古』と書かないことを条件に了承するなら、応じる可能性もゼロではない」と述べ、対処方針には移設先を明記しない可能性に言及した。 

【関連ニュース】
【特集】世界の航空母艦~米ニミッツ級から中国の空母建造計画まで~
【特集】沖縄と米国海兵隊~ペリーと黒船でやって来た海兵隊~
【特集】迷走!普天間移設~鳩山首相、「県外」守れず陳謝~
【特集】米国海兵隊兵器総覧~沖縄に配備されているのは?~
【特集】「陸山会」土地購入事件~小沢氏、再び不起訴=検察審が再審査へ~

<山崎飛行士>鳩山首相を表敬訪問(毎日新聞)
<映画>「春との旅」全国公開(毎日新聞)
加藤被告の目に涙? 証人の訴えに顔を紅潮させる(産経新聞)
池袋でビル工事の外壁が落下、女性にあたりけが(産経新聞)
仕分け第2弾終了、37事業「廃止」求める(読売新聞)

医療少年院の自殺で国が一部敗訴=ベルト貸与は注意義務違反-京都地裁(時事通信)

 京都医療少年院(宇治市)で貸与されたベルトを使って自殺した少年=当時(19)=の母親が、職員の注意義務違反があったとして、国に2000万円の損害賠償を求めた訴訟の判決が13日、京都地裁であった。吉川慎一裁判長は母親の主張を一部認め、国に約822万円の支払いを命じた。
 吉川裁判長は「同院職員らは、鑑別所からの申し送りや医師の診察などにより、少年が死亡に至りかねない自傷行為に出ることを予見することが可能だった」と指摘、「ベルトで自殺することを予見できたにもかかわらず、漫然と貸与し、この過失によって死亡したと言える」と結論付けた。
 一方、自殺は少年の意思だったなどとして、賠償額を減額した。 

【関連ニュース】
〔写真特集〕知られざる塀の向こう側 刑務所の実態
元教官、二審は執行猶予=少年院の収容者暴行
謝罪受け入れ、再会望む乗客=傷癒えぬ遺族も
殺人の少年に懲役5~10年=裁判員「被告の将来に迷った」
両親海外、子が寮は不支給=子ども手当、家庭環境で左右

<横須賀殺人>遺体現場に複数の指紋 東京で自殺男性(毎日新聞)
ひき逃げ容疑で81歳男逮捕=男性遺棄事件-愛知県警(時事通信)
<民主党>「衆院選後、消費税上げ」…参院選公約に明記へ(毎日新聞)
「辺野古周辺」明記へ=負担軽減で環境特別協定-普天間政府案(時事通信)
もんじゅ運転員を再教育 操作ミスで制御棒トラブル(産経新聞)

東京高裁塀に赤ペンキ=母娘を確保-警視庁(時事通信)

 6日午前10時45分ごろ、東京都千代田区霞が関の東京高裁職員から、「高裁の塀に赤ペンキを掛けた女が2人いる」と110番があった。警視庁丸の内署員が駆け付けたところ、いずれも埼玉県所沢市の無職女(92)と長女(70)が警備員に取り押さえられており、2人がペンキを掛けたと認めたため、器物損壊容疑で事情を聴いている。 

【2010参院選 比例代表 予想の顔ぶれと情勢】新党ラッシュ、議席いくつ?(産経新聞)
<口蹄疫>宮崎の2市町で新たに確認 35例目(毎日新聞)
検証 医療ツーリズム元年(1)「注目浴びる検診ビジネス」(医療介護CBニュース)
マンション火災、隣接小で避難 大阪・東成(産経新聞)
生後9日の娘、33歳母親が店のトイレで絞殺(読売新聞)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。